歌舞伎座の顔見世では、昼の部の「直侍」夜の部の「新口村」、江戸と上方の雪景色が並んだ。

梅川忠兵衛の、
「あたためられつ あたためつ」と義太夫節にのった上方特有のしっとりとした情感が所作に現れる。

小唄でも「あたためられつ」の詞が唄われる。

 落人の色香かくせど 梅川が
 ‎こごえる手先ふところへ 
 ‎あたためられつ あたためつ 
 ‎二十日餘りに四十両つかいはたして二分残る 
 ‎忍ぶ故里新口村へ

落人の二人が、黒地に梅模様の対の衣装で雪のなか…絵になる美しさ。
IMG_20171123_164201


「直侍」(雪暮夜入谷畦道)の方は、
裾を絡げて雪のぬかるみを歩き、火鉢にあたり、蕎麦を啜り、と、観ているうちにリアルな江戸に引き込まれる。
 舞台の上で本物の蕎麦を啜る。

どこで聞いたか忘れたが、
直次郎は、箸を立て気味に蕎麦を三、四本すくって、粋に啜らなくちゃいけない。
箸を横にして蕎麦を掬うと多過ぎて野暮ったい姿になるんだそうで。
IMG_20171123_164100

「冴えかえる春の寒さに降る雨も 暮れていつしか雪となり 上野の鐘の音も凍る…」
「一日逢わねば千日の 思いに私ゃ煩ろうて…」
悪事を重ねて追われる身の直次郎と、恋煩いの三千歳。
清元の他所事浄瑠璃が芝居に絡んで別れを描く。
ちなみにこの清元浄瑠璃「忍逢春雪解」の節付は、清元お葉。
江戸小唄を創めた人といわれている。

小唄「直侍」
 上野の鐘の音も凍る
 ‎春まだ寒き畦道に
 ‎つもるも恋の淡雪をよすがに
 ‎たどる入谷村
 ‎門の扉(とぼそ)に たちばなの
 ‎忍ぶ姿の直次郎
 
粋でイケメンの小悪党と清元節。
やっぱ黙阿弥イイわぁ、と明治のJKは言ったかなぁ。

タマ