江戸芸能遊び

小唄と日本舞踊、着付けの稽古場「遊芸の稽古所・はしもと」の日々のお稽古やイベントのお知らせをしています。 「江戸の芸能で遊ぶ」楽しさをお伝えするブログです。
初心者にも分かりやすく本格的なお稽古をやってます。

小唄

春日流小唄の「お祭り佐七」は、
十五世市村羽左衛門を指して「その噂さえ橘や」(羽左衛門の屋号の橘屋)という歌詞が付いてます。
1F49655D-C88C-432E-ADAA-37BC40C3C7C1

今月の歌舞伎座は音羽屋さん。
江戸弁が気持ちいい。
菊五郎さんだと、一本気とはいえ、もうちっと分別がありそうな、、、。
後先構わずカッとなって斬りつけるような人には思えない。
こっちが勝手にそう思ってしまってるのかもしれないけど😆

劇中劇のお軽勘平は、みんな順番に子どもの頃にやってきたお役だそうで、今回も親戚一同が見守るなかです。
インスタでも拝見しましたが、亀三郎さんのお軽もずいぶんお稽古されたんでしょう。
眞秀さんとの道行きはお似合いです。
お祭りの浴衣姿で延寿太夫も出演。
賑やかな幕開けで、気分はすっかり江戸育ち。

小唄「お祭り佐七」

町々へ音に聞こえし江戸育ち
その噂さえ橘や
かけた羽織の情けさえ
袖にかえした仇口に
喧嘩冠りの一本気
縁の糸もふっつりと
切れて読みなす文の綾
辻行灯に照らす真実


ほかに、この芝居では柳橋への場面転換で「柳橋から」、
小糸殺しの場で「露は尾花」がゆるりと演奏されます。
このゆったりとした小唄と凄惨な殺しの場面との取り合わせは、スローモーションのようにも感じられて、最初に思いついた人は天才。

歌舞伎にも、ちょいちょい小唄が出ますから、たまに黒御簾の方も気にしてみてください。

タマ

歌舞伎座の九月は、秀山祭。

二日、夜の部がハネて、久しぶりに眺めてみたら歌舞伎座正面のライティングきれいです。
それにしても凄い湿気。
IMG_20190902_211216


吉右衛門さんの松王丸はホントに松王丸。
力んだり気張ったりしなくても松王丸の大きさ、それから悲しみが滲んでくる。
あの大仰な拵えで自然な人間を表現できるんだから、やっぱり凄いな。

菊之助さんの千代が花道で見込んだところ、松王丸の隣に控えている形、梅幸さんが若くなって戻ってきたかと錯覚をするほど。
品格は持って生まれてくるものなのか…。
丑の助君の菅秀才、立派。

「寺子屋」の後の「勧進帳」は、観客にとってはちょっと重たい。
明るい踊りでも観たい気分。
IMG_20190902_181839


 追い出しの「松浦の太鼓」は好きなお芝居で、吉右衛門さんの愛嬌のある殿様が太鼓の音を数えながら座ったまま膝でぴょんぴょん跳ねるような仕草が楽しかったけど、今回の歌六さんのも風流好みで重みのある殿様らしさに無邪気なところが自然で、観ていて疲れない。
笹竹を売る大高源吾を見て師走の十三日とわかる観客も少ないよなぁ…なんて。
ましてや、其角との句のやり取り「年の瀬や 水の流れと人の身は」「あした待たるる その宝船」に、ちょっと色っぽい句なんかを付け足して小唄になってるなんて…ね。

小唄「年の瀬や」

年の瀬や 年の瀬や
水の流れと人の身は
留めてとまらぬ色の道
浮世の義理の捨てどころ
頭巾羽織もぬぎすてて
肌さえ寒き竹売の
あした待たるる宝船


インスタグラムも見てね。
Instagram.com/yuugeitammy

タマ


「江戸芸能遊び」と題して、
小唄を入り口に歌舞伎話や踊りの話、珍しい映像も交えながらの少人数の集まりを開催しています。
 三味線演奏を体験したり、踊りの振りを真似したり、気分もあがるようで…
つい長くなるのが玉にキズ。
IMG_20190717_143134_196


海外からのお客様にもご案内しています。
 

"Edo geinou asobi" is a program where you can experience Japanese classical performing arts with Edo Kouta as the entrance.

This is a polite experience program for small groups of 2 to 4 people.

Edo Kouta is a short shamisen music that has been around since the Edo period. Usually, music played in a Japanese room by two or three people, the shamisen plays with fingers.


HAGOITA with Kabuki characters and Japanese dance costumes are on display.

In summer, we will serve cold sencha and sweets.
We will give you a cute Japanese-style cookie named "Hukiyose" as a souvenir.

You can experience playing the shamisen. Then you can see how the shamisen sounds come out and how to use it.
Let's try some of kabuki dance's work using a Japanese fan and aTenugui(washcloth).

And please enjoy it as a Japanese memory for a long time.

夏のおさらい会のお知らせ

令和元年 8月18日(日)16時より
ALBA ROSA LABにて。

東京メトロ千代田線・副都心線
明治神宮前駅4番出口から1分。
明治通り沿いのリーバイスショップ裏手。

入場無料、出入り自由です。
お茶菓子などご用意してお待ちしております。
IMG_20190715_133149_758

稽古、稽古、稽古…頑張りまーす。
タマ

4月25日 国立小劇場にて、小唄 春日会創流九十周年の記念大会が開催されました。
IMG_20190425_143435_331


今回は、登喜緖、登喜桐、登喜子の三人で「雁」を演奏いたしました。
出来はともかく、緊張感を持って稽古を重ねたことが今後のためになったのではないかと感じています。

令和となって、あっという間に五月が過ぎていってしまいました。
20190428143437

遅ればせながら、ご来場いただきました皆様に御礼申し上げます。
IMG_20190425_222843_407


タマ(^^)

↑このページのトップヘ