小唄と踊りと着付けのお稽古日記

小唄と踊りと着付けの教室「遊芸の稽古所・はしもと」の生徒たちがつづる日記ブログです!
初心者にも分かりやすく本格的なお稽古をやってます。

ゆかたを着ることが、コスプレになりかけていると知ったのはこの夏でした。
 まあ、楽しいのであれば、それも有りかな。

 慣れるということが一番の早道だと思って、キモノの着方を伝えているけど、まずは普段着で着慣れてほしい。
 いきなり出掛けるためにキモノを着ても所作がついて行かない。
緊張したり歩き方が気になったり…チグハグ。
 汚れても気にならない木綿のキモノやゆかたを着て、家の中で過ごしてみるのが一番。
CollageMaker_20180830_124629170

着付けの稽古のときは、着物を着てお茶を入れたりおやつを食べたり、ちょっと買い物に出たり、なるべくキモノで動く時間をつくっている。

 いつ頃だったか、橋本治氏が「振り袖を着れば美しい、わけではない」というようなこと書いていたけれど(ザックリしすぎた引用でごめんなさい)「そうそう、おっしゃるとおり」と思った。
 ある女形は、「今の女性は反面教師…」てなことを言っていた。
「確かにね」と思った。

 3メートル程先を綺麗なキモノの女性が横切ってゆくのを左から右へと目で追うと、なぜか…左足のふくらはぎが見える。
初めて遭遇したときはなにかの間違いだと思ったが、
近頃では珍しくない。
下着を簡略化したためだ。
「あ、コレか」と思ったのは、
裾に向かって斜めに前幅をカットした長襦袢モドキのような下着の上にキモノを着ている。
腰巻きと裾除けは省略。
 なるほど、歩いただけで脚がチラチラ。

将来、キモノはホントにコスプレになるのかもしれないけど、いまは昔ながらのキモノの着方にこだわって、その心地よさを伝えたいと思う。

タマ













 
 

この夏は、湿度の高い日がとくに多くて三味線箱に入れる乾燥剤をたくさん使いました。
IMG_20180902_142355
「カンソー剤」のパッケージが昭和レトロだと友だちが笑う。
 いまは乾燥剤といえばシリカゲルだろうけど、これは石灰の乾燥剤。
湿気を吸うと膨らみます。
 ずっと以前、袋が限界まで膨らんでいることに気づかず、三味線を箱から出した拍子に破れて粉まみれになり😓エライことに…。
 それで、いまはパツパツに膨らむ前に取り替えるようにしています。

夏にお稽古に使った浴衣を来年 すぐに使えるように仕舞おうと、
洗濯して、襟先から下と袖にスプレー糊をシュッシュッ、と。

写真みたいに干すとあとの始末が楽にできます。
IMG_20180902_163554_003

アイロンは襟の裏から掛けて、肩山と袖はピシッと。
身頃はアイロン台の上で裾から畳みながらかけています。
お端折りから上は軽くシワを取る程度で大丈夫。
 袖の長さに畳んでしばらく置いておくとキレイにプレスしたような仕上がりになります。
お試しください。

タマ

八月十九日
 甲子園より一足お先に私達の「本気の夏」が終わりました。
おさらい会にお運びくださいました皆様、いろいろと応援してくださった皆様、お付き合い頂きましてありがとうございました。
CollageMaker_20180820_130749993
お師匠さんの小唄振りまでたどりついてホッとしました。
CollageMaker_20180820_122758552
CollageMaker_20180820_123249049
皆それぞれ、難しいことにチャレンジしました。
 また、今回はお師匠さんと高さを合わせようと椅子での演奏となり、慣れないことで苦労しましたが、これも良い経験になると思います。
 全員で集まることができず、当日合わせになってしまった「つくだ」は、そのうちリベンジすることになるかな…?と思っているところです。
 お師匠さんの頭の中では「次のこと」が浮かんでいるようです…。
 
CollageMaker_20180820_123758348

終演後は銀座アスターにて、美味しい打上げとなりました。
CollageMaker_20180819_235914501

次は来年二月の予定です。
また、少しレベルアップしてお目にかかれるよう頑張ります。

タマ

↑このページのトップヘ