江戸芸能遊び

小唄と日本舞踊、着付けの稽古場「遊芸の稽古所・はしもと」の日々のお稽古やイベントのお知らせをしています。 「江戸の芸能で遊ぶ」楽しさをお伝えするブログです。
初心者にも分かりやすく本格的なお稽古をやってます。

春日流小唄の「お祭り佐七」は、
十五世市村羽左衛門を指して「その噂さえ橘や」(羽左衛門の屋号の橘屋)という歌詞が付いてます。
1F49655D-C88C-432E-ADAA-37BC40C3C7C1

今月の歌舞伎座は音羽屋さん。
江戸弁が気持ちいい。
菊五郎さんだと、一本気とはいえ、もうちっと分別がありそうな、、、。
後先構わずカッとなって斬りつけるような人には思えない。
こっちが勝手にそう思ってしまってるのかもしれないけど😆

劇中劇のお軽勘平は、みんな順番に子どもの頃にやってきたお役だそうで、今回も親戚一同が見守るなかです。
インスタでも拝見しましたが、亀三郎さんのお軽もずいぶんお稽古されたんでしょう。
眞秀さんとの道行きはお似合いです。
お祭りの浴衣姿で延寿太夫も出演。
賑やかな幕開けで、気分はすっかり江戸育ち。

小唄「お祭り佐七」

町々へ音に聞こえし江戸育ち
その噂さえ橘や
かけた羽織の情けさえ
袖にかえした仇口に
喧嘩冠りの一本気
縁の糸もふっつりと
切れて読みなす文の綾
辻行灯に照らす真実


ほかに、この芝居では柳橋への場面転換で「柳橋から」、
小糸殺しの場で「露は尾花」がゆるりと演奏されます。
このゆったりとした小唄と凄惨な殺しの場面との取り合わせは、スローモーションのようにも感じられて、最初に思いついた人は天才。

歌舞伎にも、ちょいちょい小唄が出ますから、たまに黒御簾の方も気にしてみてください。

タマ

歌舞伎座の九月は、秀山祭。

二日、夜の部がハネて、久しぶりに眺めてみたら歌舞伎座正面のライティングきれいです。
それにしても凄い湿気。
IMG_20190902_211216


吉右衛門さんの松王丸はホントに松王丸。
力んだり気張ったりしなくても松王丸の大きさ、それから悲しみが滲んでくる。
あの大仰な拵えで自然な人間を表現できるんだから、やっぱり凄いな。

菊之助さんの千代が花道で見込んだところ、松王丸の隣に控えている形、梅幸さんが若くなって戻ってきたかと錯覚をするほど。
品格は持って生まれてくるものなのか…。
丑の助君の菅秀才、立派。

「寺子屋」の後の「勧進帳」は、観客にとってはちょっと重たい。
明るい踊りでも観たい気分。
IMG_20190902_181839


 追い出しの「松浦の太鼓」は好きなお芝居で、吉右衛門さんの愛嬌のある殿様が太鼓の音を数えながら座ったまま膝でぴょんぴょん跳ねるような仕草が楽しかったけど、今回の歌六さんのも風流好みで重みのある殿様らしさに無邪気なところが自然で、観ていて疲れない。
笹竹を売る大高源吾を見て師走の十三日とわかる観客も少ないよなぁ…なんて。
ましてや、其角との句のやり取り「年の瀬や 水の流れと人の身は」「あした待たるる その宝船」に、ちょっと色っぽい句なんかを付け足して小唄になってるなんて…ね。

小唄「年の瀬や」

年の瀬や 年の瀬や
水の流れと人の身は
留めてとまらぬ色の道
浮世の義理の捨てどころ
頭巾羽織もぬぎすてて
肌さえ寒き竹売の
あした待たるる宝船


インスタグラムも見てね。
Instagram.com/yuugeitammy

タマ


8月18日㈰ 神宮前のAlbaRosaLabにて。
inCollage_20190819_145750840

お天気も良く、ガラス張りの会場は明るくて、穏やかな「おさらい会」の一日でした。
IMG_20190818_150854
IMG_20190818_133018_506
line_2714505535108

みんな上手くなったね〜と褒められて😊…。
お師匠さんの小唄振りは「梅雨の晴れ間」絹紅梅のゆかたも良い色で…。
 
 梅雨の晴れ間の青葉風
 ふるる音もよき風鈴に
 しのぶの色も軒ふかく
「金魚、金魚、目高金魚」
 それと心も飛び石に
 庭下駄軽く木戸の外 
 行き来の人もすがすがと
 染ゆかた

line_2715487917452

line_2716293788441

南国酒家にて打上げ!
IMG_20190818_183702
IMG_20190818_183808


今回は、唄と三味線それぞれに新しい組み合わせで、楽しんでお稽古できました。
また、冬に向かって頑張ります。

タマ(^^)


↑このページのトップヘ